製材をパレット積み

賃挽きという丸太から板にする工程の後は桟積み

 

 

きちんと板が乾くように等間隔に桟木という薄めの木を置き空気が通りよく乾燥させるための工程

この桟積みの場所がずれると木の曲がりが起きてしまうのできれいに積まないといけません。

バンドをかけ乾燥機を持つ会社へ持っていき

約1ヶ月じっくり乾燥させてようやく使えるようになります

 

TOP